猫は、7歳頃から高齢といわれていますが、
最近は、飼い猫の寿命も延びていて15歳以上の長寿猫ちゃんも増えています。
のら猫の平均寿命が2~3年なので、かなり長生きですよね(o´ω`o)

ですが、高齢になるにつれ内臓が衰えてきて病気のリスクが増えてきます。
猫の病気は、気づいた時には手遅れな事が多いです(´・ω・`)

病気のリスクを減らして健康を維持するためには、
普段からの健康管理が大切です!

中でも健康と直結するキャットフード選びは重要になってきます。

このサイトでは、高齢猫ちゃんにおすすめのキャットフードや
キャットフードの選び方などを紹介していきます。

参考にしていただけると幸いです(o´∀`o)

高齢猫のキャットフード選びの3つのポイント

長生き猫ちゃんへのキャットフードを選ぶポイントを
分かりやすく3つにまとめました。

1.猫に必要な栄養が豊富に含まれたフードを選ぶ

猫に必要な栄養が豊富に含まれたキャットフードは、
健康な身体をつくっていきます。

良質なタンパク質が健康維持に必要!

猫は本来肉食動物であるため、肉を必要とします。
そのため、タンパク質は、猫が生きていくうえで最も欠かせない栄養素です。

タンパク質は、体内でアミノ酸になります。アミノ酸は22種類あるのですが、猫に必要なのは必須アミノ酸と準必須アミノ酸です。

猫の筋肉や心臓の機能、血液の浄化など重要な役割を担っています。タンパク質が欠乏すると、深刻な体調不良を引き起こしてしまう危険性があります。

良質なタンパク質を摂ることは、猫の健康維持する上で重要な役割を担っています。

2.猫の身体の負担になるものは避ける

質の悪い食事は、猫の身体の負担になります。

高齢の猫にとって、内臓に負担をかけるという事はリスクを負うという事になるので、できるだけ避けてあげるようにしましょう。

人工添加物は病気の原因になることも・・・

着色料や保存料、調味料など様々な添加物があります。素材が悪いフードほど添加物が多く含まれており、猫の身体にはもちろん良くありません。

人口添加物には、動物実験が施されていないものも多数存在すると聞きます。添加物は、消化の妨げになったり、排出されずに身体の中にたまって
病気の原因となってしまうことも少なくありません。

百害あって一利なしなので、添加物不使用のキャットフードを
選んであげることをおすすめいたします。

質の悪い原材料は、猫の身体の負担になります。

特に安価なキャットフードは、人間の食品として利用できないものを格安で仕入れて原材料として使用していることが多いようです。

中には、おそろしい内容の悪質な原材料も含まれていることがあるようなので、注意が必要です。

質の悪い食品は猫の身体の負担となっていきます。

アレルギーの原因のほとんどは、消化しにくい穀物です。

猫はもともと穀物を食べる習慣のなかった生き物なので、穀物の消化が苦手です。そのため、穀物をたくさん摂取してしまうと消化するために内臓の負担になります。

穀物の消化や処理にエネルギーを使用してしまうため、皮膚や毛などに栄養が行き届かなくなってしまい、アレルギーがでてしまい毛艶や毛並みが悪くなってしまうことがあります。

消化のしやすい穀物を使用してあるキャットフードか、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードがおすすめです。

3.高齢猫への配慮がされてあるかを確認する

カロリーが低めのものがやさしいです。

猫は年をとってしまうと、体力がなくなってしまうので、運動してカロリーを消費することが困難になってしまいます。そのため、カロリーが低めのキャットフードが体にやさしいです。

猫がかかりやすい病気への対策がしてあるフードは◎

病気というのは、ある日いきなりなるものではなく、毎日の積み重ねが引き起こしてしまうものです。

猫がかかりやすい尿路疾患や腎臓病、関節炎などになりにくいように、できるだけ素材や分量への配慮が施されているものが好ましいです。

ちょっとした差でも、1年、2年と続くと病気になりやすい身体をつくってしまいかねません。

市販の安価なキャットフードは、なぜ良くないのか。

スーパーなどの安価なキャットフードには、安い理由があります。
それは、”原材料が価格よりもずっと安いから”です。

利益が出なければ、商品として成り立ちません。
そのため、安価で販売されているフードに関しては、
原材料に粗悪なものを使用されている場合が多いです。

腐敗していたり、薬漬けであったり、汚染された原材料に
添加物で猫が好きな匂いや味付けをしてあります。

高値のキャットフードに抵抗がある方もいるかもしれませんが、
猫ちゃんの健康はお金にはかえれません。

できるだけ、粗悪なキャットフードは避けてあげてください。

 

高齢猫におすすめのキャットフード

私も高齢猫と一緒に住んでおり、健康面を考えたフードを探して
いろんなキャットフードを試してきました。
その中で、私も猫もお気に入りのおすすめキャットフードを紹介していきたいと思います(o´ω`o)

シンプリーキャットフード

私とうちの猫の一番のお気に入りのフードです。
おいしそうに食べるし、調子も良いです。

ローカロリーのサーモン味なので、食べやすいようです。
食べた後も元気にしており、胃もたれてしていないように感じます。

また、内臓や腎臓に負担がかかりにくい炭水化物を使用せず
良質なタンパク質が豊富なので猫も喜んでいるようです。

高齢になると心配になってくる関節炎や尿路結石などを
サポートする栄養が配合されているのも、安心できてありがたく思います。

高齢猫は、いつ来るか分からない命にかかわる病気に備えて
普段からの健康維持が大切になってきますので、
その点、シンプリーは高齢猫の健康維持にマッチしていておすすめです。

定期購入にすれば割引されて安くなるので、コスパも高いです。

サーモン味
特徴 「20歳まで続けれるキャットフード」というキャッチコピーの通り、高齢猫に必要な栄養を考え抜かれて配合されています。

良質なたんぱく質を摂りつつもローカロリーなのは高齢猫には嬉しいです!

グレインフリー 以前は良質な穀物を使用されていましたが、
グレインフリーに改良されました。
価格 3,960円(税抜・1袋1.5kg)
定期購入で20%OFF
おすすめ度  

高齢猫におすすめのシンプリーキャットフードはこちら

キャットフードを変えてみての感想

私も高齢猫を数匹飼っておりまして、

やはり長生きしてほしいので、
いろいろなキャットフードを試してみました。

基本的に、厳選素材からつくられた無添加の
“プレミアムフード”をあげるようにしています。

以前は、市販の少し高めのフードを購入していましたが、
(サイエンスダイエットやロイヤルカナンなど)
プレミアムフードに変えてから、体調がかなり良くなったように感じます。

一番うれしいのは、毛玉以外吐かなくなったことです。

以前はほぼ毎日誰かが吐いていたのが、
ほとんど吐かなくなったので、
調子いいんだな~と嬉しく思っています。