高齢猫の肥満は、決して珍しい事ではありません。
しかし、それに甘んじて、太った状態をキープしていてはいけません。

そこで今回は、高齢猫が太ってきたら危険な理由と対処法をご紹介致します。

高齢猫が太る理由

猫は、7歳から高齢期と言われます。
この時期に入ると、基礎代謝が急激に低下し、以前と同じ量の食事をしているにも関わらず、太り易くなってしまいます。

これは、人間が中年期になり、太り易くなる理由と同じです。

基礎代謝が高いと、何もしていない状態においても、エネルギーを消費しています。

しかし、基礎代謝が低下している高齢猫では、徐々に肥満へと近付いてしまうのです。

更に、不妊手術を行っている猫は、より太り易い性質になっています。
その為、若い頃から沢山食べる習慣が身についてしまい、高齢期を迎えた頃には、楽しみが食べる事だけになっているケースが目立ちます。

肥満の基準は、目で見て判断する事が出来ます。
猫を上から見て、くびれが確認できなかった場合、肥満です。
また、猫の体を肩からお尻にかけて優しく撫でた時、肋骨に触れる事が出来なければ、かなりの肥満ですので、ダイエットをする様、心掛けて下さい。

肥満が引き起こす生活習慣病

肥満は年齢に関係なく、生活習慣病を引き起こしますが、高齢であればある程、器官や臓器は弱ります。
つまり、肥満の高齢者は、危険と隣り合わせという事です。

肥満の高齢猫に、特に多い病気が、結石・結晶による膀胱炎です。
猫は尿が濃い為、結石・結晶が出来易く、それが原因による膀胱炎になり易いと言われています。
しかし、それは肥満により、余分な老廃物などが腎臓では処理しきれず、結石化・結晶化してしまい、体を蝕んでいるからです。

そして、もう1つ注意して欲しい臓器が、肝臓です。
肝臓は、脂肪を分解する為に必要な臓器です。
言い換えれば、脂肪が集まる臓器とも言えます。
その為、あまり太り過ぎると、肝臓に脂肪が付き過ぎてしまい、脂肪肝になってしまいます。
脂肪肝になってしまうと、脂肪を分解する力が弱くなり、より太り易くなってしまいます。

高齢猫のダイエットは、食事の内容や量を調節して体重管理する

高齢猫が太ってきた場合、年齢によっては体力が落ちてしまうため、
運動でのダイエットは難しくなります。

まだ動く元気がある猫でしたら、遊んでカロリーを消化させてあげると良いと思います。

ですが、激しく動くことが負担になってしまう猫に関しては、運動はお勧めできません。
もし、無理に運動させて脂肪肝などになってしまうと命に危険が及んでしまいます。

その場合は、食事の内容や量を調節して体重管理してあげましょう。

太ってしまう原因は摂取したカロリーを消費できないことなので、
魚系のフードやローカロリーのものが良いと思います。

また、量を少しづつ減らすなど様子を見てみるのも減量につながります。

猫が太ってきたら体重管理に気を付けよう

猫の肥満は、飼い主さんの心掛けと努力で、年齢に関係なく痩せる事が出来ます。
1度の失敗で断念する事なく、成功するまで続ける事が、肥満解消の1番の近道です。