猫も人と同じで、老いてしまうと自分のことを自分で出来なくます。

老猫は、これまで行っていたグルーミング(毛づくろい)や爪とぎを
あまりしなくなり毛艶や爪などの状態が悪くなります。

中には、高齢のためボケてしまう猫もいます。

猫も大切な家族なので、快適に過ごせるよう
介護の仕方について紹介したいと思います。

猫の身体を清潔に保つ

猫ができなくなったグルーミングや爪磨きをやってあげましょう。

ブラッシング

猫用のブラシでブラッシングをしてあげましょう。
毛並みをきれいに保てて、結構も良くなりますので、
こまめにブラッシングすることをおすすめします。

そして、ブラッシング後は温タオルで体を軽く拭き、
その後、湿気をとるために乾いたタオルでも吹いてあげます。

温タオルは、濡らして絞ったものをレンジでチンするとできます。

爪切りをする

爪が伸びすぎると危ないので、猫用の爪切りで切ってあげます。
 

食事への配慮をする

老猫は、それまで食べてきた食事を食べることが困難になります。
それは噛む力が弱くなり、内臓の消化能力も落ちてしまうためです。

そのため、ドライフードを粉状にしたり、やわらくすしたり、
ウェットフードなどを与えるなどの工夫が必要になります。

また、あまり動けなくなり、カロリーを消費しなくなるので、
ローカロリーのフードなど高齢猫用のキャットフードを与えましょう。

トイレ排泄への配慮をする

高齢になると、排泄に関する問題も出てきますので、
配慮してあげて快適な環境をつくってあげましょう。

トイレの場所

トイレが遠い、ボケてトイレの場所を忘れるなど、
原因は様々ですが、トイレ以外で排泄してしまうことがあります。

そのため、トイレの場所は分かりやすく行きやすい場所に
設置するのが良いと思います。

よく漏らしてしまう場合は、オムツを使うのもいいかもしれません。

便秘の対策

便秘になっていないか気を付けましょう。
もし便秘になってしまっている場合は、
食物繊維が豊富なキャットフードや猫用ミルクなどがおすすめです。

また、おなかを温めてあげたり
やさしく撫でてマッサージしてあげましょう。

介護施設や預けることのできる人を探す

このように、猫は高齢になると自分でできないことが増えていきます。

そのため、飼い主が猫の面倒を見れない状況にあると
つらい思いをすることになる可能性があります。

また、自分一人で面倒を見るとなるとつらくなってしまう人も多いようです。

そんな時のために、家族など他に猫の面倒を見てくれる人を
探しておくと良いと思います。

他に、猫の介護施設やペットシッターなどもありますので、
利用してみるのもいいかもしれません。
こういった業者は、信頼できる相手や内容かをしっかり見極めることが重要です。

家族である猫を、最後まで快適な環境で愛してあげましょう。